読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超私的なささっと読めるブログ。情報編

時間がない人の為に、個人的な解釈で情報を書いていきます。

『ファミレス24時間営業廃止』について思うことは、「寂しい」

はい今日は

diamond.jp

 

を読んで感じたことを書いていきたいと思います。

 

別に大丈夫。だって他に24時間営業の所があるから。

・そうなんですよね、ファミレスが24時間営業が終わるからって別に大して痛手じゃないんです。

考えてみてください、お酒を飲むなら居酒屋があります。話がしたいだけなら、深夜も空いているカフェもあります。だからそこまでカフェが、24時間ずっと開いている必要はないんです。

 

まぁそれは都会目線の考えとなるかもしれません。郊外となると、まずそこまで店がなかったりしますもんね。そうなると近くのファミレスが閉まってしまうというのは、厳しい所があります。その人たちは確かに可哀想だと思います。

 

でも仕方ないんじゃないでしょうか。人が来ないんですから。ましてや数客の為に、時給を支払うバイトを置いとくのは勿体無いですよね。しっかりと計算したら、数人の客よりバイトに払う金の方が高いという事態になりかねません。

 

現代の日本は携帯などが普及して、あまり人との繋がりが薄くなりました。それがこのファミレス24時間営業を終わらした原因の一つとも取れます。

 

昔はみんな深夜のファミレスとかに集合し、楽しく会話をしていました。話す場所がなかったからですね。でも今は携帯で人々が繋がれるので、わざわざ外に出なくてよくなりました。そう考えると、時代の変化ってのは寂しいものがありますね。

 

私が思うのは、深夜料金としてメニューの値段を上げらいいじゃんということです。先ほど居酒屋と言いましたが、居酒屋はガヤガヤとしています。それに比べ、深夜のファミレスは静かです。それがいいんですよ。そこで集中して作業するにも良いし、お話しするのもよしです。そういった風情あふれる場所を潰すのは、勿体無いと思いますけどね。

 

まぁそれにしても、働く人がいないってのが問題なんですね。それにワンオペとかで働いていたらいきなり忙しくなった時、対応ができないです。そうなると長い時間、料理が来るのを待たないといけなくなります。

でも深夜なので、一般的に考えると急いでいる人はいないと思います。だからそこまでスピードを求める必要もない気もしますが。

 

もう少ししたらロボットが簡単な作業は出来始めます。なら一人が調理している間に、ロボットが清算という夢のタッグが組まれるかもしれません。

そうなるとまた深夜のファミレスが復活するのも遠くないでしょう。私はそうなって欲しいと願っています。

今日はそこまで。

それじゃ。