読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超私的なささっと読めるブログ。情報編

時間がない人の為に、個人的な解釈で情報を書いていきます。

1週間に3回自転車がパンクした話。そして知ったパンクの知識。

そうなんですよ。

私は一週間に自転車を3回もパンクさせてしまった男です。

 

二日連続パンクした時は流石にムムッとなりましたが、プロの自転車屋がミスをする筈がないと思い気にしていませんでした。ただ自分の運が悪いだけだと。

 

しかしその二日後、3回目のパンク。絶対に何か原因があると思った私は、違う自転車屋に向かいました。

案の定、原因がありました。そりゃ一週間で3回もパンクするんですからね。何もなかったら腑に落ちません。

 

で結果はガラスが刺さっていたのだと。あまりにも小さかったので、二回とも行った時の店主は気づかなかったのでしょうとも言っていました。

まぁ人間ですからね。あまりそこには触れないで置きたいと思います。

 

その代わり私が店の主人に教えてもらった、パンクの原因の数々を言っていきます。

 

今回のMY自転車同様、物体が刺さったパンク

・これはわざわざ説明する必要はないですね。タイヤに異物が刺さっているのです。それはガラス片かもしれないですし、釘や画鋲かもしれないです。パンクで一番多いいのはこれだと言われています。

対策方法は、気をつけて走る。こればっかりは運に作用されるので、なんとも言えないですね。ただ、家に帰ってから自転車を見直すのは、かなり予防になると思います。まだ貫通しきっていない異物を、早期発見することができるので。

 

 

強い衝撃によるパンク

・巷ではリム打ちパンクと言われているみたいです。別に難しい事は考えなくて大丈夫ですよ。人間でも強い衝撃を受けたら、骨折しますよね。それと同じ事なのですから。

これの対策方法は、あまり段差のない所を走ることです。とは言っても、車道を走るのが怖い人もいるでしょう。その人は段差を避けるのではなく、段差を踏む時に体重を浮かせばいいんです。要するに立ち漕ぎ状態ですね。そうすると自転車にかかる体重は分散され、まだマシになります。

 

大きな所でいうと、この二つがパンクの原因と言われています。

他にもパンクの原因はあるらしいですが、滅多にないみたいなのでここでは言いません。

 

今回、私は三回パンクを修理しましたので、約¥2000円ほどかかってしまいました。そう考えると、自分で直してしまうってのも一つの案かもしれません。それにそこまで自分で修理するのは難しくないんですよね。

 

自分でパンクを修理する方法

タイヤを外し、チューブに穴が空いている箇所を探します。その時にバケツとかがあれば、穴を探す手間が省けます。というのもその中に水を張っておくと、ブクブクと穴の空いている所から空気が抜けてくるからです。

そしてその穴の空いている所を、ヤスリなのでツルツルにします。そして買ってきたパンク修理簡易セットの、シールを取り出し貼ります。はい、それで終わりです。

簡単ですよね。パンク修理の簡易セットは、100均でも売っています。

 

この方法でする時に注意して欲しいのは、ちゃんとパンクした原因を突き止める事です。

私の場合は原因を突き止めなかったばかりに、三回もパンクをしてしまいました。皆さんにはそんな面倒な事になって欲しくないです。だからきちんと原因を突き止めて欲しいです。

と言っても、異物は走っている間に取れてしまっているかもしれません。ですがそれでも、穴が空いた場所を探した方がいいです。大事な時にパンクしたらやってられないですからね。

 

今日は以上です。

それじゃ