読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超私的なささっと読めるブログ。情報編

時間がない人の為に、個人的な解釈で情報を書いていきます。

店員にAVの在庫確認し、それを復唱させるとか、「中々やりますね(笑)」

はい今日は

www.bengo4.com

 

タイトル通り、レンタルDVD店の女性店員に、「AVタイトルを復唱」させるニュースについて書きたいと思います。

 

 

概要

あるレンタルビデオ店に、客が商品の在庫があるかどうかを確認する為、電話をしてきました。が、その確認したい作品というのは、アダルティな作品だったのです。そしてその電話に出るのが男性なら、客はすぐさま受話器を置きます。

言うならば、女性店員の口から性的なAVタイトルを言わせたい。そんな電話が度々、かかってきました。果たしてそれは、犯罪に当たるかどうか。そんな内容です。

 

 

思う事

まごうことなき変態ですね(笑)

でもこういう風に、問い合わせの目的でのAVタイトル復唱とは考えましたね。

 

確かにそれなら在庫確認ていう程で、エロい単語を女性の口から聞けますから。

「私のお○ぱいをしゃぶって」的な。

 

女性店員が恥じらいもなく、淡々と言う姿を、想像したら興奮してきました(笑)

店からしたら迷惑極まりないですけどね。それに恐らく、裏で馬鹿にされていると思います。

 

深夜に電話がかかってくるって事なんで、働いている人は18歳以上でしょう。

そんな彼女らは別に、純情無垢って感じてもない筈です。

 

それなら裏で、「またあのキモいおっさんから、かかってきたwww」ぐらいな感じで、言ってる事でしょう。

度が過ぎると、気持ち悪さが優って笑えなくなりますけどね。

 

 

 

それに私は思うんですが、こんな風な事をニュースに取り上げると、模倣する人が出てくるでしょう。

私もその中の一人ですし(笑)

いや、別に本当にやろうとは、思っていませんよ(笑)

 

それでも知識として、頭の中には残ります。それって、危険な事だと思いません?

自分もやってみよ。そんな人が出て来ないとは限りませんから。

 

逆に、参考になる人もいたりします。

参考になるというのは、自分も似た経験があるけど、警察に行ってはいない人です。

 

そんな時にこういう風なニュースが流れると、これを見て対策が出来るという訳です。

「痴漢冤罪は逃げろ」的が、最たる例かと思います。

 

本当は痴漢はしていないのに、痴漢に間違われて駅員室に連れて行かれる。

もし駅員室に行ったら最後、提示できる証拠がないので釈放は難しい。だから逃げろって事なのです。

 

もしそういうニュースをしていなかったら、痴漢冤罪に巻き込まれた時、為すすべもなく逮捕されてしまいます。

 

ですので一概に、こういう社会ニュースをするなとも言えないのです。

長々と書いてきましたが、何が言いたいのかと言うと、「結局は皆さんのモラル」って感じですね(笑)

 

今日はそんな感じです。

それじゃあ